私の経験では、リーディングの勉強を多く実施して表現そのものを多く備えたから、その他の3技能(おうちホームステイ)は、それぞれあり合わせの英語の参考書等を若干やるだけで間に合いました。
何か作業をやりながら並行でヒアリングすることも有益なことですが、1日20分程度で良いので集中して聞くようにし、話す訓練やグラマーの勉強は存分に聞き取ることを行なってからにしましょう。
音楽のようにただ聞くだけの英語シャワーの水浴びだけではリスニングの技量は上がらないのです。
リスニングの精度を鍛えたいならつまるところ、無条件に音読と発音を繰り返すことが大切なのです。
あのおうちホームステイでは、文法的に変換してから考えたり、単語あるいは文法などを教わるまままんま覚えるのではなく、日本を離れて日常生活を送るように意識することなく海外の言葉を覚えます。

↓以下のサイトをご確認下さい。↓
おうちホームステイ 7つのフレーズ

CMでもお馴染みの『おうちホームステイ』の特別な点は、さほど集中していなくても聞いているだけで英語が身につくという点にあり、英会話を自分のものにするには「英語特有の音の響き」を聞き取り可能なようになることが重要なのです。多くの場合、英会話を学習するには、渡航先としても人気のアメリカ、英国、豪州などの英語圏の人や、英語そのものを日常的に語る人と会話をよくもつことです。
スクールとしてのおうちホームステイには、可能な限り数多く行くべきだ。

関連記事

    None Found